その他の注意事項

取り扱い注意事項

  • ファンブレードに変形などの不備があると、製品が損傷する原因になり、ファンの使用に大きく影響が出ます。
  • 製品に通電する前は、必ず入力電圧が適正な電圧であることを確認してください。
  • 保全・修理する場合は、作業者の感電防止のため、必ず電源を切ってから作業を行ってください。製品の構造改造や取付け位置などを勝手に変更しないでください。事故や故障の原因になります。
  • 通電状態で、コントロールボックスを開けないでください。感電の危険性があります。
  • 製品が壊れた状態での運転はしないでください。重大な事故につながる恐れがあります。
  • コントロールボックス内のパラメーターの設定をむやみに変更しないでください。ファンの動作で問題が生じる場合があります。
  • コントロールボックス内にあるコンデンサーや冷却ファン保全作業時は、電源を切ってから3分以上経過後に行ってください。
    (注:表示画面が黒くなっている場合、滞留電圧が残っているため、感電の危険があります。)
  • 安全な空間が得られない場合は、ファンの取付や運転を行わないでください。
  • ファン運転時は、ファンの回転に異常がないか、また障害物がないことを確認してください。

製品の使用条件

  • 製品性能を十分に発揮していただくためには、取り付け環境が非常に重要です。 下記条件下にある環境で取付けてください。
環境 条件
取付け場所 室内  -15〜+55℃
湿度 95%RH以下
環境

◆腐食気体や燃焼気化しやすいものがない場所

◆金属粉・油・水等がコントローラーボックスに入らない場所

◆塩害の少ない場所

設置場所の電源周波数地域に
ご注意ください。

日本の電源周波数は、およそ静岡県・富士川と新潟県・糸魚川を境に東側は50回(50Hz)、西側が60回(60Hz)となっています。

ただし、境界付近には混在地区もあります。境界線近くなどで周波数が不明な場合は、電力会社へご確認ください。

エラーコード一覧

エラーコード一覧は、こちらからダウンロードいただけます。

Contact

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

カタログ

PDFデータをダウンロードいただけます。

動画

詳しくは動画をご覧ください。